kanaeママののんびりメモ

日々の成長、日々の感想、経験などをメモ記事していきます!

【スポンサーリンク】

4月29日(日)「天皇賞(春)」予想☆少ないお小遣いで買ってみた!

f:id:kanaemama:20180429081729j:image

こんにちは☆ kanaeです(^^

 

今週の重賞レース「天皇賞(春)」を予想してみたいと思います☆

また少ないお小遣いですが、

2000円以内で実際に買ってみたいと思います!!

 

レース後には、実際に当たったのか!?

どのぐらいの金額が当たった!?

を書いてきます☆

 

ちなみに・・・

今年のkanaeとkanaeパパの回収率です☆

 

 

  kanae kanaeパパ
総掛金 62000円 60800円
総払戻金 53090円  59810円
回収率 85.6% 98.3%

 

 

 

 

レース概要

 レース会場 京都競馬場
距離  3200m
馬場  芝、4歳以上
 馬場状態

 

データ分析

JRAのホームページより、レース分析を抜粋しています。

 

データ分析:天皇賞(春) 今週の注目レース JRA

 

人気下位馬にも要注意!

天皇賞(春)は下位人気馬が上位に食い込むことが多い一戦。過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気馬が不振で、2番人気馬の成績が良好となっている。昨年は1番人気のキタサンブラックが優勝したが、1番人気馬の優勝は2006年のディープインパクト以来11年ぶりだった。

単勝オッズ別の成績も見てみると、単勝1倍台の支持を得ていた馬が3頭とも4着以下に敗れている。それに対し、「4.0~9.9倍」の馬の好走が多くなっている。

 

若い世代に注目

過去10年の年齢別成績を調べると、ベテラン勢の出走も多いGⅠだが、好成績を残しているのは若い世代で、その中でも5歳馬が9頭も連対している。また、4歳馬は3勝を挙げ、2着は1回だけだが、3着が5回もある点は覚えておいてもいいだろう。

 

内枠優勢

過去10年の枠番別成績を調べると、1枠の馬が5勝を挙げ、2枠は3着内率で25%を超えている。内枠の活躍が目立つ点は、注目に値するデータだと言えそうだ。

 

前走の成績に注目

過去10年の天皇賞(春)で3着以内に入った延べ30頭のうち27頭は、前走が大阪杯(GⅡ時代を含む)、阪神大賞典日経賞京都記念のいずれかだった。その他のレースから臨んだ馬はいまひとつの成績となっている。

 

重賞で5着、6着になった馬も要注意

過去10年の天皇賞(春)では、「4走前までに重賞で単勝5番人気以内で5着または6着となっていた」という馬が2011年を除き連対している。昨年も2走前の有馬記念で「5番人気6着」だったシュヴァルグランが2着に入った。今年もそういった経歴を持っている馬が出走してきたら、注目してみるのも面白いかもしれない。

 

 

kanaeの買い目

では早速kanaeの買い目を発表します☆

 

買い目

金額 

1列目2番

2列目6、8番

3列目1、3、4、6、8、10、11、12、14、15、16番

3連複フォーメーション

各100円

合計1900円

 

 

kanaeパパの買い目

次にkanaeパパの買い目です☆

 

買い目 金額

軸2番

馬連流し

各100円

合計1600円

 

 

 

 

発走は4/29 15:40です!!