kanaeママののんびりメモ

日々の成長、日々の感想、経験などをメモ記事していきます!

【スポンサーリンク】

6月3日(日)「安田記念」予想☆素人が回収率100%超えることができるのでしょうか!?

f:id:kanaemama:20180603085159j:image

こんにちは☆ kanaeです(^^

 

今週の重賞レース「安田記念」を予想してみたいと思います☆

また少ないお小遣いですが、

2000円以内で実際に買ってみたいと思います!!

 

レース後には、実際に当たったのか!?

どのぐらいの金額が当たった!?

を書いてきます☆

 

ちなみに・・・

今年のkanaeとkanaeパパの回収率です☆

 

 

  kanae kanaeパパ
総掛金 81400円 81500円
総払戻金 56450円  69440円
回収率

69.3%

85.2%

 

 

 

 

レース概要

 レース会場 東京競馬場
距離  1600m
馬場 
 馬場状態

 


データ分析

JRAのホームページより、レース分析を抜粋しています。

 

データ分析:安田記念 今週の注目レース JRA

 

JRAのGⅠやGⅡを主戦線としてきた馬優勢

過去10年の3着以内馬30頭中、2008年2着のアルマダを除く29頭は“前年以降のJRA牝馬限定を除くGⅠかGⅡ”において4着以内に入った経験のある馬だった。前年以降にJRA牝馬限定を除くGⅠかGⅡで好走経験のない馬は、それぞれ評価を下げるべきだろう。

 

馬格のある馬優勢

過去10年の連対馬20頭中16頭は、JRAのレースでの最高馬体重が「500キログラム以上」だった。該当馬は3着内率も25.0%と比較的高いうえ、2014年以降は〔4・4・3・23〕(3着内率32.4%)とさらに好走率が高くなっている。今年もまずは「500キログラム以上」の馬体重で出走した経験がある馬に注目してみたい。

 

前走の末脚がポイント

過去10年の対馬20頭中11頭は、前走がJRAのレース、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「2位以内」だった。該当馬は3着内率も34.1%と優秀な水準に達している。臨戦過程を比較する際は、前走の“末脚”を重視したいところだ。

なお、前走がJRAのレース、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「3位以下」だった馬のうち、“JRA牝馬限定を除く1600メートルのGⅠ”において連対経験のない馬は全て3着以下に敗れていた。前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークしておらず、1600メートルのビッグレースで連対経験のない馬は、苦戦する可能性が高いと見るべきだろう。

 

主要な前哨戦に出走していた馬の扱いに注目

過去10年の出走馬172頭中、前走が「京王杯スプリングC」だった馬は39頭、「読売マイラーズC」だった馬は42頭いたが、いずれも3着内率は20.0%に満たない水準となっている。主要な前哨戦に出走していた馬が優勢なレースではないようだ。

なお、前走が京王杯スプリングC」だった馬のうち、同レースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「3位以下」だった馬は全て4着以下に敗れている。「京王杯スプリングC」組を比較する際は、そこでの“末脚”を特に重視したい。

また、前走が「読売マイラーズC」だった馬のうち、同レースでの着順が「2着以内」だった馬は全て4着以下に敗れている。「読売マイラーズC」で連対していた馬は過信禁物と見るべきだろう。

 

近年は内寄りの馬番が不振

過去4年の枠番別成績を調べると、「1枠」「2枠」「4枠」の馬は全て4着以下に敗れている。また、「3枠」で3着以内に入ったのも、2015年1着のモーリス(単勝1番人気)と2017年3着のレッドファルクス(同3番人気)だけである。近年の傾向を重視するならば、内寄りの枠に入った馬は評価を下げた方が良さそうだ。

 

 

kanaeの買い目

では早速kanaeの買い目を発表します☆

 

買い目

金額 

軸1、5番

1.2.4.5.7.8.9.11.14.15番

馬単フォーメーション

各100円(1-5のみ200円)

合計1900円

 

 

kanaeパパの買い目

次にkanaeパパの買い目です☆

 

買い目 金額

9番

馬連流し

各100円

合計1500円

 

 

 

 

発走は6/3 15:40です!!