kanaeママののんびりメモ

日々の成長、日々の感想、経験などをメモ記事していきます!

【スポンサーリンク】

7月1日(日)「CBC賞」予想☆素人が回収率100%超えることができるのでしょうか!?

f:id:kanaemama:20180701104158j:image

 

今週の重賞レース「CBC賞」を予想してみたいと思います☆

また少ないお小遣いですが、

2000円以内で実際に買ってみたいと思います!!

 

レース後には、実際に当たったのか!?

どのぐらいの金額が当たった!?を書いてきます☆

 

ちなみに・・・

今年のkanaeとkanaeパパの回収率です☆

 

 

  kanae kanaeパパ
総掛金 91300円 90400円
総払戻金 56450円  69440円
回収率

61.8%

76.8%

 

 

 

 

レース概要

 レース会場 中京競馬場
距離  1200m
馬場 
 馬場状態

 


データ分析

JRAのホームページより、レース分析を抜粋しています。

 

データ分析:CBC賞 今週の注目レース JRA

 

負担重量別の成績をチェック

CBC賞ハンデ戦だけに、軽ハンデの馬に注目が集まるケースもあるが、過去10年の負担重量別成績を調べると、54キログラム以下の馬は成績がいまひとつ。該当馬延べ83頭のうち、優勝したのは2014年のトーホウアマポーラ(53キログラム)だけとなっている。その反面、55キログラム以上の馬が上々の成績。しかし、その中で57キログラムの12頭が全て3着以下に敗れているというのは気になるデータだ。

 

上位人気馬優勢

冒頭に記したように、伏兵馬が上位に食い込むケースもある重賞だが、過去10年の単勝オッズ別成績を調べてみると、上位人気馬が優勢。優勝馬10頭のうち9頭は単勝10倍未満の馬となっている。ただし、「2.9倍以下」の支持を受けた馬が2頭とも3着以内に入っていない点は気になるところだ。また、「20.0~29.9倍」の馬も3着以内に入っていない。

 

前走のレース別成績に注目

過去10年の前走のレース別成績を調べると、前走がGⅠ、GⅡだった馬が4勝、2着4回をマークしているが、前走がGⅢだった馬は3着以内に入っていない。また、前走がオープン特別だった馬も好成績で、その好走馬の内訳を調べると、1200メートルのレースよりも1400メートルのレースから臨んだ馬の方が良好な成績となっている。

 

近年は5歳馬が好成績

中京競馬場改修後の過去6年を対象に年齢別の成績を調べてみると、優勝馬6頭のうち5頭は5歳だった。2着と3着も5歳馬が多くなっており、好走率でも他の年齢を大きく上回っている。なお、3歳馬が参戦することもある一戦だが、過去6年においては5着が最高と苦戦傾向を示している。

 

単勝1番人気で3着以下の成績があった馬に注目

過去10年のCBC賞では、「前年9月以降に、単勝1番人気で3着以下に敗れていた」という経験を持つ馬が毎年1頭ずつ連対している。昨年は2着に入ったセカンドテーブル単勝13番人気)がこれに該当していた。今年も各馬の戦歴をチェックしておくことをおすすめしたい。

 

 

kanaeの買い目

では早速kanaeの買い目を発表します☆

 

買い目

金額 

18番

馬連流し

各100円

合計1700円

 

 

kanaeパパの買い目

次にkanaeパパの買い目です☆

 

買い目 金額

8番

馬連流し

各100円

合計1700円

 

 

 

 

発走は7/1 15:35です!!