kanaeママののんびりメモ

日々の成長、日々の感想、経験などをメモ記事していきます!

【スポンサーリンク】

7月8日(日)「七夕賞」予想☆素人が回収率100%超えることができるのでしょうか!?

f:id:kanaemama:20180708091545j:image

 

今週の重賞レース「七夕賞」を予想してみたいと思います☆

また少ないお小遣いですが、

2000円以内で実際に買ってみたいと思います!!

 

レース後には、実際に当たったのか!?

どのぐらいの金額が当たった!?

を書いてきます☆

 

ちなみに・・・

今年のkanaeとkanaeパパの回収率です☆

 

 

  kanae kanaeパパ
総掛金 94200円 93300円
総払戻金 56450円  77350円
回収率

59.9%

82.9%

 

 

 

 

レース概要

 レース会場 福島競馬場
距離  2000m
馬場 
 馬場状態 稍重

 


データ分析

JRAのホームページより、レース分析を抜粋しています。

 

データ分析:七夕賞 今週の注目レース JRA

 

6歳以下の馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ31頭中28頭は、年齢が「6歳以下」だった。一方、「7歳以上」の馬は優勝例がなく、3着内率も6.3%にとどまっている。7歳以上の馬は評価を下げた方がよさそうだ。

 

大型馬は割引が必要

過去10年の3着以内馬のうち前走が国内のレースだった延べ30頭中、2012年3着のミキノバンジョーを除く29頭は、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの馬体重が「510キログラム未満」だった。なお、前走が“国外のレース”だった2013年2着のトレイルブレイザーも、“国内のレース”における最高馬体重は498キログラムだった。馬体重の重い馬は過信禁物と見るべきだろう。

 

前走で先行していた馬は信頼できない

過去10年の連対馬のうち前走が国内のレースだった延べ19頭中、2008年1着のミヤビランベリを除く18頭は、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの4コーナーの通過順が「3番手以下」だった。一方、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの4コーナーの通過順が「2番手以内」だった馬は連対率4.0%と苦戦している。先行馬も活躍しているレースではあるが、前走で先行していた馬は評価を下げるべきかもしれない。

 

近年は外よりの枠に入った馬は不振

過去5年の3着以内馬延べ15頭は、いずれも馬番が「1~12番」だった。2016年には「16番」のシャイニープリンスが単勝1番人気の支持を集めながら9着に敗れている。2012年以前は「13番」から外の馬番だった馬も健闘していたが、近年の傾向を重視するならば、外寄りの枠に入った馬は過信禁物と見ておきたいところだ。

 

 

kanaeの買い目

では早速kanaeの買い目を発表します☆

 

買い目

金額 

5番

馬連流し

各100円

合計1100円

 

 

kanaeパパの買い目

次にkanaeパパの買い目です☆

 

買い目 金額

4番

ワイド流し

各100円

合計1100円

 

 

 

 

発走は7/8 15:45です!!