kanaeママののんびりメモ

日々の成長、日々の感想、経験などをメモ記事していきます!

【スポンサーリンク】

12月9日(日)「阪神JF」予想!!素人が回収率100%を超えられるのでしょうか!?

f:id:kanaemama:20181208160807j:plain

 

こんにちは☆ kanaeです(^^

 

今週の重賞レース阪神JFを予想してみたいと思います☆

また少ないお小遣いですが、

2000円以内で実際に買ってみたいと思います!!

 

レース後には、実際に当たったのか!?

どのぐらいの金額が当たった!?

を書いてきます☆

 

ちなみに・・・

今年のkanaeとkanaeパパの回収率です☆

 

 

  kanae kanaeパパ
総掛金 172300円

172900円

総払戻金 166910円  124480円
回収率

96.1%

72%

 

残念ながら、100%の回収率も下回ってしまいました・・・(><

ここから挽回できるように頑張っていきます!!

 

 

 

 

レース概要

 レース会場 阪神競馬場
距離  1600m
馬場  芝、2歳
 馬場状態  良

 

 

データ分析

JRAのホームページより、レース分析を抜粋しています。

 

データ分析:阪神ジュベナイルフィリーズ 今週の注目レース JRA

 

前走GⅡ、GⅢ組が連体率で優勢

過去10年の出走馬について、前走別に成績をまとめると、連対率で「GⅡ」組と「GⅢ」組が13%を超え、その他の組は10%未満となっている。「GⅡ」組は3着内率でも40.0%をマークしており、前走で格の高いレースに出走していた馬を高く評価した方がよさそうだ。また、3着内率では「新馬」組が2番目に高い数値となっている。

 

前走の4コーナーでの位置に注目

過去10年の出走馬について、前走の4コーナーの位置別成績を調べると、「5~9番手」組が好走率でトップとなっている。また、近年は「2~4番手」組が上位争いに加わるケースが目立ってきており、2013年以降の過去5年では、「2~4番手」組から優勝馬4頭を含む3着以内馬9頭が送り出されている。前走の4コーナーの位置に注目してみるのも面白そうだ。

 

デビュー戦が1500m以上の馬を重視

過去10年の出走馬のデビュー戦の距離別成績を調べると、勝馬10頭は全てデビュー戦の距離が「芝1500メートル以上」だった。連対率・3着内率でも、「芝1500メートル」「芝1600メートル」「芝1800メートル」の3組と、1400メートル以下の各組の間には大きな差がある。デビュー戦が短距離やダートのレースだった馬より、「芝1500メートル以上」のレースだった馬を重視したい。

 

デビュー戦と2戦目の時期をチェック

過去10年の出走馬について、デビュー戦と2戦目の時期を調べると、「2戦目がデビュー戦の翌々月以降」組が好走率でトップに立っている。近2年もデビュー2戦目が7月、2戦目が10月だったソウルスターリング(2016年)、デビュー戦が8月、2戦目が10月だったラッキーライラック(2017年)が勝利を飾っている。デビュー戦と2戦目の時期はチェックしておきたい。

 

デビュー2戦目の着順が重要

過去10年の優勝馬10頭中8頭は、デビュー2戦目の着順が「1着」だった。残る2頭はデビュー2戦目で「2着」だった馬と、このレースがデビュー2戦目となる「キャリア1戦」の馬で、デビュー2戦目が「3着以下」だった馬は優勝していない。デビュー2戦目の着順もチェックしておきたい。

 

 

kanaeの買い目

では早速kanaeの買い目を発表します☆

 

買い目 金額

13番

馬単流し 

各100円

合計1700円

 

 

kanaeパパの買い目

次にkanaeパパの買い目です☆

 

買い目 金額

7番

ワイド流し 

各100円

合計1700円

 

 

 

 

 

発走は12/9 15:40です!